都民の味方、東京都民銀行

東京都民銀行とは

東京都民銀行は1951年(昭和26年)に誕生した地方銀行であり、現在は東京都の港区が本店となっています。戦後の不況によって当時の中小企業は金融難に陥っており、その混乱や不況を緩和する目的で設置されたのが誕生の由来です。

今現在の東京はもはや戦後の影もなくなっており、世界中でも指折りの最先端の都市となっています。そんな中でも東京都民銀行は生き残り、地域に密着して様々な人や会社のために努めている銀行なのです。

例えば東京と言えば、大学入学や就職を機に地方から出てくる若者も多くいます。一人暮らしをして頑張って生活をしていても、やはり新しい街に慣れるまでには不安や心配もたくさんあることでしょう。

更に大学生だったら親から仕送りをもらったり、社会人ならばお給料を貯めていくことになりますから、銀行選びは結構慎重に進めていかなくてはなりません。もちろん東京には都市銀行と言われる大きな銀行がいくつもありますが、分からないことなどを聞くには窓口で結構並んだりしなければなりません。

そんな時東京都民銀行ならば、地方銀行特有の親切でニーズに合った相談を受け付けてくれます。東京都民銀行の世田谷支店などは、何と銀行とカフェのコラボレーションの形態となっており、ゆっくりとくつろげて相談できる空間となっています。

まさに東京都民銀行は、パートナーとしての役割を果たしてくれる銀行と言えるでしょう。東京に出てきてまだ色々な事がよくわからない…、そんな人にとって東京都民銀行は、親しみやすい空間を提供してくれる銀行なのです。